今月の釈迦説法
お問合せ電話番号
福岡県福岡市博多区博多駅南3-18-28
(博多駅から1.4km)

今月の釈迦説法

釈迦が菩提樹の下で悟り、説いた教えとは中道(ちゅうどう)、縁起(えんぎ)、四聖諦(ししょうたい)、八正道(はっしょうどう) の四つの真理から成り立っています。
これらの修行を積むことによって煩悩をなくし、結果として苦を克服することができるとされています。

概要写真

2013年11月

心が変わると、景色が変わる

小学4年生の人が、「運動場」という詩を書いています

せまいな、せまいなと言ってみんな遊んでいる朝の会の時、石を拾わされる
広いな、広いなと拾っている

面白いですね。運動場はいつも同じ大きさです。でも遊ぶ時は、もっと動き回りたいので、狭く見えるのでしょう。

石を拾わされる時は、早く終わりたいので、広く見えるのでしょう。

どうやら、私たちの心が、運動場の大きさを変えているのです。同じ景色でも、一人ひとりの心の状態によって、見え方は違います。

ある人が、病気になった時、「今年の桜は輝いていた」と言いました。

生きているのが当たり前だと思っていたけれども、生きているのが不思議なことだったときづく時、目の前の景色は輝いて見えたのでしょう。

あなたの景色は、輝いていますか。

  • 前へ
  • トップページ
  • 次へ