今月の釈迦説法
お問合せ電話番号
福岡県福岡市博多区博多駅南3-18-28
(博多駅から1.4km)

今月の釈迦説法

釈迦が菩提樹の下で悟り、説いた教えとは中道(ちゅうどう)、縁起(えんぎ)、四聖諦(ししょうたい)、八正道(はっしょうどう) の四つの真理から成り立っています。
これらの修行を積むことによって煩悩をなくし、結果として苦を克服することができるとされています。

概要写真

2018年8月

如来さまへのお礼

仏に拝まれる素晴らしさ

 

どの宗教も、拝む、祈るという事言います。ところが、浄土真宗では、拝まんでいい、信じなく

ていい、祈らんでええ、こういう事であります。ただし一つだけ、この様に表現しないと正確で

はありません。それは、私の心で信じるのではない、私の身体で拝むのではない、私の方で祈る

のではない、と言う事であります。だから、一つも私が通用しないのです。どうも淋しゅうなり

ますが、けれども、浄土真宗のご法義は、そうなんです。それを「如来様のひとりばたらき」っ

て言うんです。仏法って言うのは、本来、この様に、拝まんでよい、信じんでもいい、祈らんで

もいい、と言う事であります。そうすれば、私どもが、手を合わし、お念仏を申す事は何かと言

うと、たった一つ、『お礼』であります。これは、ただアミダさまのお慈悲を頂いてのちの問題

であります。お礼です。この事を、一つ腹に入れて頂きたい。これしかないのです。私どもは、

ほとんどの方が、神や仏を拝んだり、信じたりする時には、心の中に何を持っているかと言え

ば、願いを持って、信じたり、拝んだりしております。こうして、今、聴聞なされておる方に

も、「この様に、お寺に参っておれば、その内に何か良い事があるんじゃないか」と思われて

いる方もおるかも分からない。どっこいそうはいかん。むしろそれが、ひっくり返って、私の

願いがなくなるとゆっても、欲望がなくなるのではありません。これがなくなれば、我々は生

きて行けません。化け物であります。浄土真宗とは有難いなあ。仏さまよりおがまれて、私の

願いが通用しなくなる。浄土真宗では、逆に『仏さまにおがまれる。』これが素晴らしいので

あります。仏さまの方より、この私が拝まれるのです。「真宗の門徒は、偉そうなことを言う

なあ」と思われるかも知れないが、けれども、この如来さまに拝まれると言う事は、私が偉う

なって拝まれるのとは違いますからねえ。『仏さまの願いが私の方に伝わってくる』と言う事

であります。仏さまは自らの願いを私に伝えようとして下さるのを、仏さまが拝んで下さる、

と表現しております。これを、妙好人(みょうこうにん)であられた浅原才市さんが、こう申

されております。「私しゃあなたに拝まれて、たすかってくれと拝まれて、ご恩うれしや、ナ

モアミダブツ」才市さんは、如来さまに、拝まれている事を味わったのですね。どうしてか。

如来さまは「何が有っても必ず救うぞ、この如来にお前を救わしてくれよ」と、こう私を拝ん

で下さる事が、誠に嬉しく、もったいない事であります。ナンマンダブツ、ピタッと才市は言

っておりましょう。ですから、私どもが手を合わすことは、これはみなお礼ですね。

 

  • 前へ
  • トップページ
  • 次へ