今月の釈迦説法
お問合せ電話番号
福岡県福岡市博多区博多駅南3-18-28
(博多駅から1.4km)

今月の釈迦説法

釈迦が菩提樹の下で悟り、説いた教えとは中道(ちゅうどう)、縁起(えんぎ)、四聖諦(ししょうたい)、八正道(はっしょうどう) の四つの真理から成り立っています。
これらの修行を積むことによって煩悩をなくし、結果として苦を克服することができるとされています。

概要写真

2019年10月

求不得苦(ぐふとっく)

仏教には、「求不得苦」(ぐふとっく)という言葉があり、意味は、求めても求めても心を満た

すことが出来ず、次から次へと風船が膨らんでいくかのように「欲」という心を満たす事の出来

ない苦しみを意味します。数年前に、あるアンケートで各家庭の年収別でどの位の年収家庭が一

番幸せなのかという番組があっていました。そこで私は、そりゃ年収が高ければ高いほど幸せな

家庭が多いだろうと思いました。

そして年収別に答えが発表されていき、年収が700万~1000万の家庭が一番今の生活に満足し幸

せと感じており、一番不幸せと感じる年収世帯が、1000万以上の家庭でした。

年収が700万~1000万の家庭の方はこのように答えていました。持ち家も持つ事も出来、子供も

それなりに大学等進学させ、年に一度は海外旅行へ行き貯金もそこそこ出来るので、満足してい

ますという感想でした。それに反して年収が1000万以上の世帯は、世間体(付き合い等)なども

あり、ある会合で行く時はこの服やあの靴でと、奥さまだと、周りの奥さま達の目があるから洋

服や時計、バッグ、アクセサリーなどなど次から次へと出費がかさみ、年収が1000万以上だと生

活にも困らず、もっともっと今より良い暮らしが!もっともっと欲しい物が!など坂道を転がる

車輪のように「欲」という車輪が転がりブレーキが効かず歯止めが効かくなり、結果今の暮らし

に満足できていないという驚きの結果でした。

人間の心には「自分の都合が良いように気ままに生きタイ」「楽がしタイ」「美味しいものが食

べタイ」「もっと寝てタイ」「遊んで暮らしタイ」「もっと贅沢な暮らしがしタイ」というよう

な「タイ」が無数に住んでいます。

「タイ」の中には、「もっと賢くなりタイ」「健康になりタイ」「強い心を持ちタイ」「人に優

しくなりタイ」「世の中が平和になってもらいタイ」などというような、値打ちがある「タイ」

もありますが。これは、よほど努力しないと成長してくれません。

ところが、最初に申したような「タイ」は、放っておくと知らぬ間にどんどん大きくなり、価値

観や人生までもを台無しにしてしまう危険性をもっています。

この「タイ」の事を、仏教では「貪とん(むさぼり)と言います。そして仏教には、「少欲知

足」(しょうよくちそく)という言葉があります。

書いて字の如く、「欲を少なく足りている事を知る」という意味です。仏教では決して「欲」を

無くしなさい!と言っているのではありません。

今身の周りにあるもので足りている事を知れば、何不自由なく生活ができ、心が楽にそして心豊

かに生きていく事ができるという事です。昨今のCMなどでは、次から次へと新製品が出てきて、

それを買えばしばらくするとまた、それの新型が出てきてと、とどまることがありません。

そのCMを見た方が買う事によって経済が動いていくという事も大事ではありますが、この

「少欲知足」という言葉には、今の現代人にとってとても大切な意義がありそうに思えてなりま

せん。最後に一言、そろそろiphone11が欲しいこの頃です(笑)

  • 前へ
  • トップページ
  • 次へ