今月の釈迦説法
お問合せ電話番号
福岡県福岡市博多区博多駅南3-18-28
(博多駅から1.4km)

今月の釈迦説法

釈迦が菩提樹の下で悟り、説いた教えとは中道(ちゅうどう)、縁起(えんぎ)、四聖諦(ししょうたい)、八正道(はっしょうどう) の四つの真理から成り立っています。
これらの修行を積むことによって煩悩をなくし、結果として苦を克服することができるとされています。

概要写真

2020年6月

愚かになってください

人の悪口は うそでも面白いが

自分の悪口は ほんとでも腹がたつ

龍澤寺(愛媛)の掲示板より

 

投稿者が「うまいとこついてくるな」とコメントされていました。本当にそうですね。他人の愚

かさや欠点をあげつらって揶揄するのは、どこか楽しいものです。でも、自分のことを悪く言わ

れると許せない。人間はだれしも自己中心的であり、自分の愚かさを受け入れることは非常に難

しいものです。

僧侶を養成する京都の中央仏教学院に通っていた時、入学式でこのような事を言われました。

「君たちは愚かになって卒業してください」勉強して、愚かになるとはどういうことなのでしょ

うか?学校だったら、普通は「賢くなれ」と論すものだろうに。この話はさらにこう続きます。

「仏教の教えに関する知識をいくら増やしてもダメです。それが自分の問題として受け止められ

なければ、いくら仏教を学んでも愚かになれず、ただ賢くなるだけです」私はますます混乱しま

したが、学んでいく中で気がつきました。それはつまり、「自分の愚かさを自覚できる人、見つ

められる人になってください」という意味だったのです。仏教の教えに詳しくなったことを鼻に

かける人をたまに見かけますが、それは決して仏教的な態度ではありません。

覚えた教えをひけらかすのではなく、教えを咀嚼し、自分の考えとして吸収していくことによっ

て、愚かになる(自身の愚かさを自覚する)これが大切なのです。

 

補足

人は歳をかさねていくと同時に、「知識」や「経験」を踏まえそれをもとに人生の上で起こる様

々な問題を解決しようとします。しかし、人間はどこまでいっても自己中心的な存在です。

そのことに気付いていないことを仏教では「迷い」と言います。常に自分が正しい!自分は間違

っていない!と思っています。しかし、あなたは立派な人間ですか?と問われると、立派な人間

ではないと答えます。では、あなたは愚かな人間ですか?と問われると、それ程愚かな人間では

ないと答えます。それが錯覚してるということです。

大切なのは、「私は迷いの中、錯覚しながら生きている」という自覚を常に持つことだと思いま

す。上でもなければ下でもない。良い時の私もいれば、少しいじわるな私も心の中に存在してい

ます。仏教は中道の教えです。

分かりやすく言うと、「いい加減」な教えです。「いい加減」とは、ちょうどいいという事で

す。お風呂でも湯加減を見る時に、「いい加減」というじゃないですか。仏教の教えを元に、

いい加減な人生を歩みましょう。

  • 前へ
  • トップページ
  • 次へ